交通事故と精神状態

交通事故は、運転する誰もが自分の運転を見直し、周囲に気を配れる運転を心掛ける必要があります。
そこで安全運転にとても重要な事は運転するときの精神状態です。
例えばお出かけをするときに約束の時間と場所が決まっているのに出発が遅れ、予定通り出発しても車が渋滞していることで次第に精神的に焦りを感じるようになります。
焦って運転してしまうと、自己中心的な運転になり、速度違反や信号無視前方の車を煽るような危険運転を行ってしまいます。

またその反対に気分が落ち込んで元気がないときに運転をすることもあります。
気分が低下していると、運転に集中する事ができず危険察知能力が低下します。
運転中にボーっとしてしまったり、目線が低い位置ばかり目が行ったりとっさの判断ができない場合もあります。
また感情がうれしさや怒りなどで高ぶっている時も注意が必要です。
うれしくて感情が高ぶっている時は、運転中も気分がたかくなりついスピードが出過ぎてしまう事もあります。
その反対に怒りを感じている時は少しの事でも、周りの運転にまでイライラしてしまいます。
周りの車を威嚇するような運転や、強引な運転をしてしまうケースもあります。

このように精神状態によって運転は大きく左右されてしまいます。
かといって常に平常心で運転するのは難しいと感じる人も多いでしょう。
心が荒らげていると感じた時には、必ず深呼吸をして心を落ち着かせてから運転しましょう。
また少し運転の途中で休憩を取り気分をリフレッシュするのも効果的です。